利益を上げる業務改善とIT Part3

3・ITを上手く使うためには

○自社の業務を見直す

まずはじめに、御社の業務を見直すところから始めます。
☆御社ではどのような業務がありますか?
☆その業務は、どんな結果を出していますか?
☆複数の業務間は、どのように連携されていますか?
☆それらの業務に無駄なものはありませんか?
その結果、経営者が思っている経営が、今ある業務で実現できるかを検証します。
もし、実現できていないなら、何が原因なのかを探り、それをどう改善すればいいのかを考えます。
各々の業務に本来求める結果が出ていないのか、全く業務が足らないのか逆に余計な業務があるのか、といった視点で見直して改善項目を明確にします。
これらの課題が浮かび上がってくれば、どう改善するかの目標を立てることが出来ます。

○自社のITを見直す

自社の業務を見なした結果、
☆現在あるITにそれらの業務を実現する機能があるのか
☆ITの機能として足りないものは何なのか、
☆そもそも人手に頼っているのか、が見えてきます。
この様に再検討された業務にITを立てはめると、本来必要としているITの姿が見えきます。
ここで見えてきたITの姿が、御社でしか使えない「御社の強力な武器」になるITです。
これは、御社の利益を最大化する強力なツールになります。

 

次回はお客様に会社を理解してもらう

◆コラムのお問合せはこちら!→  
らうんじでは、コラム・記事等に関するご質問、資料請求など、 お問合せを受け付けております。 お気軽にどうぞ!
The following two tabs change content below.
平田 実
1961年生まれ。ソフトハウスでプログラマーとして従事した後、業務パッケージ開発会社で会計システムを20年以上担当。その後、経営管理システムによる資金管理やITを効率的に使った業務改善を支援する事業に従事。2015年1月、株式会社アクセプトを設立し代表取締役に就任。「御社の情報システム部」サービスを立ち上げ、経営者向けにITに関わる相談、業務改善の支援業務を行っている。 経済産業省 情報処理支援機関(Smart SME Supporter)に認定 中小企業庁 ミラサポ専門家(ITコンサルタント)登録  財団法人埼玉県産業振興公社 支援専門家登録 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティプレゼンター登録 越谷商工会議所 専門家登録

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 3月 19日

コラムのお問合せは

こちら!

らうんじでは、コラム・記事等に関するご質問、資料請求など、 お問合せを受け付けております。 お気軽にどうぞ!

 

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

ページ上部へ戻る