利益を上げる業務改善とIT Part6

6・継続する業務効率

○改善を繰り返してITを育てる

この図は、当社が考える業務改善のサイクルを表したものです。
業務改善は、1度で終わるものではなく、また1度にすべてを行う事ができるものではありません。
ある部分の業務が改善出来れば、別の部分の業務に改善の必要性が生まれたりします。
これを繰り返すことで、事業発展を実現できるとの考えです。
業務を改善することは、御社のITを育てる事と同じです。
そして会社経営の重要なインフラに育ちます。
このインフラを有効に使い、利益を生み出す原動力にしましょう。

◆コラムのお問合せはこちら!→  
らうんじでは、コラム・記事等に関するご質問、資料請求など、 お問合せを受け付けております。 お気軽にどうぞ!
The following two tabs change content below.
平田 実
1961年生まれ。ソフトハウスでプログラマーとして従事した後、業務パッケージ開発会社で会計システムを20年以上担当。その後、経営管理システムによる資金管理やITを効率的に使った業務改善を支援する事業に従事。2015年1月、株式会社アクセプトを設立し代表取締役に就任。「御社の情報システム部」サービスを立ち上げ、経営者向けにITに関わる相談、業務改善の支援業務を行っている。 経済産業省 情報処理支援機関(Smart SME Supporter)に認定 中小企業庁 ミラサポ専門家(ITコンサルタント)登録  財団法人埼玉県産業振興公社 支援専門家登録 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティプレゼンター登録 越谷商工会議所 専門家登録

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 3月 19日

コラムのお問合せは

こちら!

らうんじでは、コラム・記事等に関するご質問、資料請求など、 お問合せを受け付けております。 お気軽にどうぞ!

 

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

ページ上部へ戻る